リポソーム
神谷研究室
群馬大学大学院理工学府 分子科学部門
生命分子機能化学研究室

神谷研究室について

生命分子機能化学研究室(神谷研究室)は、2018年12月に発足した研究室です。研究内容は、人工細胞膜(リポソーム)を用いて膜タンパク質等の生体分子の機能を理解することにより、細胞機能の一部を搭載した効率的に反応する人工細胞の創成や、作製した人工細胞によって生命の起源の理解を目指しています。主に、化学と生物学の知識を駆使して研究をしていますが、時々、機械工学(マイクロデバイス)を利用して研究をしています。

人工細胞

細胞膜の膜組成を模倣した
人工細胞膜の構築

真核細胞の細胞膜と同様なリン脂質組成非対称膜を持ったリポソームの作製技術を開発し、細胞環境を模倣した人工細胞創成を目指しています。

膜タンパク質

人工細胞膜による
膜タンパク質の機能観察

膜タンパク質を人工細胞膜へ再構成することで、単一膜タンパク質での機能観察が可能です。膜タンパク質の新規機能発見に繋がります。

logdevice

化学・生物学分野へ応用するマイクロデバイスの開発

マイクロデバイスを化学・生物分野へ応用することで、少量なサンプル量で多くの実験試行回数を稼ぐことが可能になります。



News

・馬塲くんのベシクルの膜張力変化をベシクル内のタンパク質機能に変換させる論文が、ACS Applied Materials & Interfacesに掲載され、掲載号のSupplementary Coverに選出されました! (2024/5/1)

・神谷の研究の記事が群馬大学広報誌「GU’DAY」に掲載されました。link (2024/4/18)

・馬塲くんのベシクルの膜張力変化をベシクル内のタンパク質機能に変換させる論文が、ACS Applied Materials & Interfacesにオンライン掲載されました!  (2024/4/10)

・北海道大学の竹井先生が代表を務める学術変革領域研究(B)「機能進化エレクトロニクスの創出」の計画班代表に神谷が参画します!  (2024/4/1)

・新年度になり、D2 2名、D1 2名、M2 3名、M1 3名、B4 2名、B3 1名になりました。鈴木くんが日本学術振興会特別研究員(DC2)に、豆生田さんと三輪さんが日本学術振興会特別研究員(DC1)になりました! (2024/4/1)

・卒業式がありました。三輪さんに学長表彰が授与されました! (2024/3/22)

・日本化学会 第104春季年会で、鈴木君、登坂君、豆生田さん、三輪さん、李さん、馬塲君が口頭発表、鈴木さん、小菅さん、高沢さんがポスター発表をしました。(2024/3/18-21)

・東京大学竹内研の大崎さんとの論文がSmall Structuresにオンライン掲載されました。(2024/3/19)

第7回分子ロボティクス研究会で神谷が講演、鈴木くんと豆生田さんがポスター発表をしました。鈴木くんと豆生田さんが若手研究奨励賞を受賞しました! link (2024/3/13-14)

・登坂くん、鈴木くん、馬塲くん、神谷が 2024 Annual Biophysical Society Meeting (BPS2024)(フィラデルフィア)でポスター発表をしました。 (2024/2/10-14)

・三輪さんの様々な組成のリポソーム内において無細胞タンパク質発現による転写・翻訳を同時観察の系を確立し、正電荷脂質が転写・翻訳を促進する論文が、Scientific Reportsにオンライン掲載されました! 理研の梅原先生らとの共同研究です。(2024/2/3)

・登坂くんのβバレル構造膜タンパク質の新規リポソーム挿入法論文が、ACS Omegaにオンライン公開されました! (2024/1/26)

・第9回サイボウニクス研究会で、高沢さんと長井くんが口頭発表、小菅さんと生城山くんがポスター発表をしました。長井くんが優秀研究・発表賞を受賞しました! (2023/12/23)

・令和5年度 日本化学会関東支部 群馬地区研究交流発表会で李さん、鈴木さんがポスター発表をしました。 李さん、鈴木さんがポスター賞を受賞しました! link (2023/12/9)

・三輪さんと李さんが第13回 CSJ化学フェスタ2023で優秀ポスター発表賞を受賞しました!   三輪さんは2年連続の受賞です! link (2023/12/1)

・第61回生物物理学会年会(名古屋)で鈴木君が口頭発表、登坂君、豆生田さん、三輪さん、李さん、馬塲君がポスター発表をしました。 (2023/11/14-16)

・神谷が第17回東北糖鎖研究会で特別講演をしました。 (2023/11/12)

・神谷が群馬大学ディスティングイッシュト・ヤングリサーチャーの称号を授与されました! (2023/11)

・3年生が2名研究室に配属されました。(2023/11)

・豆生田さん、三輪さん、李さん、馬塲君が第13回 CSJ化学フェスタ2023でポスター発表をしました。(2023/10/17-19)

・GFLの後藤さん(B2)が研究室に加わりました。(2023/10/4)

・豆生田さん、三輪さんが、2024年度 日本学術振興会 特別研究員DC1に、鈴木君が日本学術振興会 特別研究員DC2に内定しました!! (2023/9/27)

・鈴木君、登坂君、豆生田さん、三輪さん、李さん、馬塲君が細胞をつくる研究会16.0でポスター発表をしました。(2023/9/25-26)

・豆生田さんがDNA29のMolecular Cybernetics Sessionでポスター発表をしました。 (2022/9/15)

・第18回バイオ関連化学シンポジウムで、李さんが口頭発表、馬塲君、豆生田さん、三輪さんがポスター発表をしました。(2023/9/9-11)

・膜タンパク質の機能改変とナノポアセンサへの応用についての総説が、生物工学会誌に掲載されました。(2023/8/25)

・豆生田さんのDNAを介した酵素複合体のネットワーク形成・解離による酵素反応制御とmiRNA検出の論文が、Analytical Chemistryに掲載され、掲載号のSupplementary Coverに選出されました! (2023/6/27)

・豆生田さんのDNAを介した酵素複合体のネットワーク形成・解離による酵素反応制御とmiRNA検出の論文が、Analytical Chemistryにオンライン公開されました!  東工大の瀧ノ上先生との共同研究です。(2023/5/31)

・北海道大学の竹井先生主催の第一回「物質、デバイス、生命の融合」研究会に発表・参加しました。 (2022/5/24-25)

・豆生田さんが化学とマイクロ・ナノシステム学会第45回研究会でポスター発表をしました。 (2022/5/13-14)

・登坂くんがまとめた人工細胞膜における膜タンパク質研究の総説が、International Journal of Molecular Sciencesに掲載されました。(2023/4/13)

・鈴木くんが群馬大学のJST次世代研究者挑戦的研究プログラム(JST-SPRING)に採択されました!(2023/4)

・新年度になり、D1 2名、M2 2名、M1 3名、B4 4名になりました。登坂くんが日本学術振興会特別研究員(DC1)になりました。(2023/4/1)


過去のニュースはこちら

募集

一緒に研究をしてくれる方を募集しています。学部2年生、大学院生、ポスドク、社会人等の方で興味ある方は、神谷までご連絡ください。