リポソーム
神谷研究室
群馬大学大学院理工学府 分子科学部門
生命分子機能化学研究室

神谷研究室について

生命分子機能化学研究室(神谷研究室)は、2018年12月に発足した新しい研究室です。研究内容は、人工細胞膜(リポソーム)を用いて膜タンパク質等の生体分子の機能を理解することにより、細胞機能の一部を搭載した効率的に反応する人工細胞の創成や、作製した人工細胞によって生命の起源の理解を目指しています。主に、化学と生物学の知識を駆使して研究をしていますが、時々、機械工学(マイクロデバイス)を利用して研究をしています。

人工細胞

細胞膜の膜組成を模倣した
人工細胞膜の構築

真核細胞の細胞膜と同様なリン脂質組成非対称膜を持ったリポソームの作製技術を開発し、細胞環境を模倣した人工細胞創成を目指しています。

膜タンパク質

人工細胞膜による
膜タンパク質の機能観察

膜タンパク質を人工細胞膜へ再構成することで、単一膜タンパク質での機能観察が可能です。膜タンパク質の新規機能発見に繋がります。

logdevice

化学・生物学分野へ応用するマイクロデバイスの開発

マイクロデバイスを化学・生物分野へ応用することで、少量なサンプル量で多くの実験試行回数を稼ぐことが可能になります。



News

・第1回人工細胞膜研究会で大西さん、鈴木くん、登坂くんが口頭発表をしました。 (2020/11/20)

細胞をつくる研究会で神谷が招待講演、大西さん、鈴木くん、登坂くんがオンラインのポスター発表をしました。 (2020/11/12)

・3年生3名が研究室に配属されました! (2020/10/30)

・大西さんがCSJ化学フェスタでオンラインのポスター発表をしました。 (2020/10/20)

・大西さんが日本生物物理学会年会で学生発表賞を受賞しました! (大学のHPに掲載) (2020/9/24)

・蟻坂さん、大西さん、鈴木くん、登坂くんが日本生物物理学会年会でオンラインのポスター発表をしました。 (2020/9/16-18)

・ジェット水流法によるナノサイズリン脂質非対称膜リポソーム作製が、Sensors and Actuators Bに採択されました。(2020/9/14)

・最近のマイクロデバイスを用いたリポソーム作製法と人工細胞モデル研究をまとめた総説が、micromachinesに掲載されました。(2020/5/30)

・新年度になり、M1 2名、4年生 2名になりました。(2020/4/1)

・倉石先生(金沢大)らとのモナリジンナノポアに関する論文が Front. Immunol.に掲載されました。(2020/3/27)


過去のニュースはこちら

募集

一緒に研究をしてくれる方を募集しています。学部2年生、大学院生、ポスドク、社会人等の方で興味ある方は、神谷までご連絡ください。